ユニクラフト株式会社 > ソフト・装置製品案内 > シミュレータ付回路図設計基板設計CADソフト OPUSER

シミュレータ付回路図設計基板設計CADソフト OPUSER

『回路と基板』 『回路のみ』 『基板のみ』 の設計を、
 シミュレーションで動作検証し、高い完成度の設計ができます!

充実した機能と設計補助ツールにより、短時間で効率的な設計が可能です。
 
特長 構成
概要
製品
種類
回路図
設計
について
基板
設計
について
データ
出力
について
価格

OPUSER (オプサー) は、
  回路図設計・部品ライブラリ
  ・回路シミュレーション・波形ビューア
  基板レイアウト設計・オートルータ
  ・自動補正機能付きDRCチェック
  基板シミュレーション・ガーバービューアでの設計確認
  ガーバーなど製造データ出力やODB++入出力 など
電子回路設計に必要なすべての機能を備えています。


機能豊富で高い操作性の
    本格的なシミュレータ付回路図基板設計CADが、
   永久ライセンス 5万円からのお手頃価格です。
 
各操作の説明動画はこちら
操作資料を充実しました。
試供版を
無償ダウンロードできます。
OPUSERアカデミック版を組み込んだ短時間で設計を習得できる『電子回路回路基板実習システム』を、イープロニクス(株)より販売しております。
 
電子回路設計に、必要なすべての機能を備えています
 回路設計・回路解析・基板設計・オートルータ・DRCチェック・基板解析・製造データ出力・部品ライブラリなど、電子回路設計に必要なすべての機能を備えています。
 使いやすさを容易にし、各機能を効率的にご使用いただける豊富なツールも付属しています。

クリックで拡大
使いやすさ豊富な機能の本格CADで、ビギナーからプロまでご使用いただけます
 豊富な機能に加え、回路図エディタ・レイアウタの同時起動、ネットリスト出入力操作不要、無段階拡大縮小表示、各機能のダイレクトにアクセスなど使いやすい操作です。
 ネット数・コネクト数無制限、最大81×81cm×最高99シートの回路図設計、最大81×81Cm×最高32層の基板レイアウト設計ができる本格的CADです。

 動画を参照しながら自習でき、ビギナーの方も容易な操作で、本格的CAD設計が可能です。
OPUSERの豊富な機能
〇 回路レイアウトリアルタイム双方向ブロックコピー貼付 〇 自動配線補正付DRCチェック
〇 シンボルコネクト重ね合わせ回路自動結線 〇 ベタ面自動配置
〇 リップアップ機能付回路図結線 〇 複数ネット自動平行配線
〇 独立タイプ波形/ロジックビューア 〇 自動スムース円弧化配線
〇 シミュレータのリアルタイムリンク 〇 部分テーパー配線
〇 自動/半自動/マニュアル レイアウト配線 〇 配線長/幅指定配線生成
〇 基板外形DXFデータ利用 〇 インピーダンス指定配線
〇 ティアドロップ自動生成回路 〇 日本語社名/ロゴマークの基板への配置
充実した設計補助ツールにより、効率的に短時間の設計が可能です
 自動結線ツールなどのほか、設計補助ツールにより、確実な回路を少ない設計作業で行えます。
回路設計補助ツールとして、
  ・複数スィッチ入力条件で目的出力のロジックを自動生成する真理表からのロジック回路生成
  ・ローパスや帯域除去などの種類とバターワースなど特性と定数設定だけのフィルタ回路自動生成
などの機能ツールが標準付属しています。さらに、VHDLコンパイラ/ロジック変換(Basicパック以外に装備)も可能です。

基板設計補助ツールとして、
  ・オートルータや半自動配線
  ・高周波や高密度基板の配線も容易に行えるインピーダンス計算付配線
などの機能ツールが付属しています。
回路設計と基板設計間のネットリスト入出力不要で、設計ミスがありません
 リアルタイム双方向アノテーションを採用し、面倒なネットリスト出力や読み込みが不要です。回路図で部品の追加変更を行った場合、リアルタイムでレイアウトに自動追加されます。レイアウトで配線接続を変更した場合、回路図も自動変更され、設計ミスがありません。
回路図シミュレータ・基板シミュレータが付属し、高い完成度で設計できます
 回路図設計に、アナログデジタルミックスモードシミュレータが標準付属し回路動作を確認でき、周波数特性/過渡解析/モンテカルロ解析/フーリエ解析などで、波形で確認できます。
 定数を変えた振幅と位相の関係や回路応答の変化を、シミュレーションで可視化でき、回路の理解が容易です。
さらに、より詳細なアナログ回路解析もSPICE互換EDSpice(Basicパック以外に装備)で行えます。
ミックスモードシミュレータ
 基板設計には、自動配線補正付DRCチェック・配線密度分析・3Dビューアが標準付属しています。
さらに、基板熱解析(Basicパック以外に装備)、電磁界解析/信号劣化解析(Plus+パックに装備)などで、信頼度の高い設計を実現できます。
基板熱解
3Dビューア
ODB++入出力・日本語基板配置など、データ入出力が充実しています
 標準的なガーバーD/ガーバーX・ドリルデータの出力のみでなく、先進のODB++データ入出力を備えています。変形基板やフレキ基板の設計が容易な DXF基板外形入力、日本語を含む社名などのテキストやロゴの基板配置が行えるやビットマップイメージを配置し出力できます。
 他社ネットリスト 入出力、Spiceネットリスト入力など、いろいろな設計要求に対応しています。
約3万部品のライブラリが付属しています
 OPUSERには約3万部品の部品ライブラリを付属しています。部品作成も、ライブラリー内の類似部品を、コピーし変更により容易に作成可能です。
ネット接続不要で参照できる操作動画が付属しています
 PCをネットに接続しないで、OPUSERの操作を、MPG4付属動画を参照しながら、設計を行えます。
情報漏洩を防ぐパスワード設定が可能です
 設計プロジェクトごとに設定可能なパスワードとインターネット接続不要な使用環境は、プロフェショナルな機密保持も可能です.。
ネットワークで、ライセンスの共用も可能です
 オプションのライセンスマネージャをインストールしたサーバーPCに、インストールしたOPUSER複数有効ライセンスを、ネットワーク上の複数のライセンス数のクライアントでフローティングに共用できます。設計データの共有により、効率的な設計が行えます。
Windows® 10 (64bit)にも対応し、快適な環境で操作できます
 Microsoft Windows®10(32bit/64bit)、Microsoft Windows®8(32bit/64bit)、Windows®7(32bit/64bit)、Windows®XP(32bit)、 Windows®Vista(32bit)の各OSに対応しています。
 
 
OPUSER V 新機能
◎ 回路図エディタPCBレイアウタに新機能を追加
◎ 部品リストをテキストファイルの他、EXCELファイルへの出力機能を追加
◎ プロジェクト自動バックアップ設定機能を追加
◎ 部品リストをテキストファイルの他、EXCELファイルへの出力機能を追加
◎ ネットリスト・ワイヤリスト出力を強化し、コメント、部品座標、ポリゴン外形などに対応
◎ 部品名や配線などの表示色設定を、32色から256色に拡大
◎ 基板外形切断工程用に、G code出力 機能を追加
◎ インポート/エクスポートの部品名を15文字以上に拡張
◎ 選択部の回路図エディタ・PCBレイアウタで同時ハイライト機能
◎ デュアルディスプレイによる、
高効率操作環境対応

◎ NC版にも、メールによるサポートサービスを付属

 
設計基板の作成
基板メーカーさんにデータを渡し依頼、
プリント基板加工機を使用し、ガーバー・ドリルデータでの基板作製、
印刷ペン書きキットを使いプリンタ印刷やペン書き
で配線板を作製できます。

 
基板メーカーに外注 ガーバーデータ・ドリルデータやODB++データから作製を依頼します。
10枚以上からの量産基板に適します。少量や急ぎ・変形外形の場合、割り増しコストがかかります。
プリント基板加工機
で作製
ガーバーデータ・ドリルデータから作製します。
10枚以下の試作や小ロットの場合の変形外形を含めた両面/片面基板にお勧めです。社内で短時間に、量産基板と遜色ない基板も作製できます。
高精度プリント基板加工機Aシリーズの場合、ピン間6本以上(L/S60ミクロン以下)の高密度基板を作成可能です。(銅箔・サブスレートの厚さによります)
印刷ペン書きキット
で作製
BMPデータを直接プリンタで印刷します。
ピン間1本以上の配線密度のA4フルサイズ片面配線板を、約2分で作製できます。特殊な場合を除き製品には不向きです。
LED点灯変化など動的シミュレーション・ロジックアナライザ波形観測・3Dビューアにより、
PCのみで設計とバーチャル動作検証を行えます。
 
OPUSER
 ご使用の方に朗報

超短納期
 ご注文受付当日発送 格安費用

すぐに、試作基板が欲しい OPUSER ユーザー様に、受付当日発送、両面または片面ガラエポ試作基板を同額の格安費用(税別・送料込1枚¥9000から)で、OPUSERプロジェクトファイルから作製いたします。 

試作基板作製の
詳細はこちら

 

※ 受付当日発送、午前受付確認の場合となります。 午後の場合は、翌日発送となります。
 
 
OPUSERの一般販売は、イープロニクス株式会社で行っております。
OPUSER販売元 イープロニクスのホームページはこちら
イープロニクスへのお問い合わせは、こちら